水彩画家をまねして学ぼう!水彩画家リンク集と本

2018/08/24

学ぶの語源はまねるといわれます。透明水彩の上達の早道は好きな水彩画家の作品をまねすることです。ホームページやブログで作品を公開していて、国内で本を出版している人気水彩画家を集めました。あなた好みの水彩画家を探してみてください。
 
※画家のなかには不透明水彩絵具(ガッシュ)を使用している方も含まれます。
2018/07/15更新

  • リアルな水彩画が描きたい!おすすめの写実的な水彩画家5選

水彩画家リンク集

五十音順 敬称略
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アルファベット順 敬称略
A~Z

スポンサーリンク

五十音順 敬称略

■ あ行

青江 健二(あおえ けんじ)

 
 
青木 美和(あおき みわ)

 
 
赤坂 孝史(あかさか たかし)

 
 
up 浅野 輝雄(あさの てるお)

 
 
小豆 むつ子(あずき むつこ)

 
 
あべ としゆき

 
 
あべ まりえ

 
 
up 石垣 渉(いしがき わたる)

 
 
五十嵐 吉彦(いがらし よしひこ)

 
 
up 井上 智陽(いのうえ ちはる)

 
 
up 今井 未知(いまい みち)

 
 
今津 奈鶴子(いまづ なつこ)

 
 
上田 博之(うえだ ひろゆき)

 
 
右近 としこ(うこん としこ)

 
 
大須賀 一雄(おおすか かずお)

 
 
up 大友 ヨーコ(おおとも ようこ)

 
 
小野 月世(おの つきよ)

 
 
 

■ か行

笠井 一男(かさい かずお)

 
 
梶山 立志(かじやま たてし)

 
 
加藤 英(かとう ひでし)

 
 
久山 一枝(くやま かずえ)

 
 
up 児玉 紘一(こだま こういち)

 
 
小林 啓子(こばやし けいこ)

 
 
 

■ さ行

up 鈴木 新(すずき あらた)

 
 
 

■ た行

醍醐 芳晴(だいご よしはる)

 
 
高崎 尚昭(たかさき なおあき)

 
 
高根沢 晋也(たかねざわ しんや)

 
 
田代 知子(たしろ ともこ)

 
 
田中 千尋(たなか ちひろ)

 
 
田中 己永(たなか みのり)

 
 
玉神 輝美(たまがみ きみ)

 
 
柘植 彩子(つげ あやこ)

 
 
 

■ な行

永沢 まこと(ながさわ まこと)

 
 
仲津 和夫(なかつ かずお)

 
 
中村 愛(なかむら あい)

 
 
永山 裕子(ながやま ゆうこ)

 
 
ならざき 清春(ならざき きよはる)

 
 
西本 眞理子(にしもと まりこ)

 
 
野村 重存(のむら しげあり)

 
 
 

■ は行

長谷川 隆(はせがわ たかし)

 
 
up 林 真理(はやし まり)

 
 
春崎 幹太(はるさき かんた)、 春崎 陽子(はるさき ようこ)

 
 
福井 良佑 (ふくい りょうゆう)

 
 
藤井 紀子(ふじい のりこ)

 
 
藤枝 成人(ふじえだ しげと)

 
 
藤川 志朗(ふじかわ しろう)

 
 
藤森 悠二(ふじもり ゆうじ)

 
 
船本 清司(ふなもと せいじ)

 
 
星野 木綿(ほしの ゆう)

 
 
堀井 かずえ(ほりい かずえ)

 
 
up 堀川 理万子(ほりかわりまこ)

 
 
 

■ ま行

増山 修(ますやま おさむ)

 
 
up 松本 キミ子 (まつもと きみこ)

 
 
up 丸山 薫(まるやま かおる)

 
 
三好 貴子(みよし たかこ)

 
 
up 村西 恵津(むらにし えつ)

 
 
森田 健二郎(もりたけんじろう)

 
 
 

■ わ行

若葉 恵子(わかば けいこ)

 
 
若松 倫夫(わかまつ みちお)

 
 
 

アルファベット順 敬称略

A~Z

up Billy Showell(ビリー・ショーウェル)

 
 
Charles Reid(C・リード/チャールズ・レイド)

 
 
up David Bellamy(デビット・ベラミー)

 
 
up Geoff Kersey(ジェフ・カージー)

 
 
up Hazel Soan(ヘイゼル・ソーン)

 
 
Janet Whittle(ジャネット・ウィットル)

 
 
Joe Dowden(ジョー・ダウデン)

 
 
up John Lidzey(ジョン・リジー)

 
 
up Naomi Tydeman(ナオミ・タイドマン)

 
 
Trudy Friend(トゥルーディー・フレンド)

 
 
up Tony Couch(トニー・コーチ)

 
 
Zoltan Szabo(ゾルタン サーボ/ゾルタン サボー)

 
 
 
プロの水彩画家の作品は眺めるだけで目にうれしいです。そんな水彩画家の技やコツがつまった本をひらくのは、神秘をひもとく喜びがあります。本にならって絵を描いていると、本を通じて弟子入りしているような気持ちになります。
 

-
-