水張り

パネルの水張りってどうやるの?木製パネルの水張り動画と手順

2017/08/26

パネルの水張りは、ベニヤ板に水張りをするより手間がかかります。とはいえ、絵を描くときに構図がとりやすい利点があります。パネルの表面すべてを水彩紙でおおうため、絵のサイズ感をくるわせる余計なふちがなくなるからです。木製パネルに水張りする方法をできるだけわかりやすく、動画と画像つきの手順でお伝えします。

  • 水張りってどんな道具を使うの?水張りに必要な道具

 

スポンサーリンク

パネルの水張りを動画で見る【2分35秒】

 
 

パネルの水張りの手順を画像で見る

水張り木製パネル 手順1
水彩紙をパネルより約1㎝大きく切ります。大きさの目安は、パネルの側面を半分までおおうくらいです。

 
 
水張り木製パネル 手順2
水彩紙の裏を上にして、パネルにおきます。水彩紙の裏表の見分け方はコチラ

 
水張り木製パネル 手順3
刷毛で水をたっぷり、まんべんなく塗ります。そのまま15分おいて水彩紙に水を吸わせます。途中、乾くようなら水を足します。※観察すると、水彩紙は気温17.1℃ 湿度31% で13分36秒間伸びました。誤差をふくめて15分くらい水を吸わせます。

 
水張り木製パネル 手順4
待っている間に水張りテープを切ります。長い辺はパネルと同じ長さに2本切ります。短い辺は水彩紙より2~3㎝長めに2本切ります。

 
水張り木製パネル 手順5
水張りテープは湿気ると使えなくなるので、乾燥剤を入れてしまうなど保管を工夫しましょう。

 
水張り木製パネル 手順6
15分たったら水彩紙を裏返しにしてふせ、中央から端にむけて全体をタオルで伸ばします。

 
水張り木製パネル 手順7
長い辺の一方をパネルの側面へ折り、しっかり折り目をつけます。

 
水張り木製パネル 手順8
水張りテープのノリがついた面に水を塗ります。

 
水張り木製パネル 手順9
貼り方は、まず水張りテープを水彩紙の側面に貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順10
つづいて、パネルの側面に貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順11
さいごに、パネルの裏面に折り込みます。水彩紙の境に爪をたててしっかり貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順12
もう一方の長い辺に水張りテープを貼ります。これから貼る辺にむけ水彩紙を伸ばしてしっかり折り目をつけ、同じ手順で貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順13
短い辺に水張りテープを貼ります。水彩紙を伸ばして角までしっかり折り目をつけます。

 
水張り木製パネル 手順14
まず、水張りテープを水彩紙の側面に貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順15
つづいて、パネルの側面に貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順16
さらに、角を折って側面に貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順17
さいごに、パネルの裏面に角をたたんで折り込みます。水彩紙の境に爪をたててしっかり貼り付けます。もう一方の短い辺も同じ手順で貼り付けます。

 
水張り木製パネル 手順18
側面から見たところです。

 
水張り木製パネル 手順19
裏面から見たところです。

 
水張り木製パネル 手順20
平らなところで乾燥させたら完成です。
 

  • 水張りってどうやるの?ベニヤ板の水張り動画と手順


 

-水張り