画材

初めての水彩紙はどれがいい?おすすめの水彩紙

2017/08/26

水彩紙えらびは重要です。水彩紙は画材のなかで絵の仕上がりを左右する一番の要素といわれています。メーカーは複数あり、そこからさらに複数のブランドが販売されているため、えらぶのは容易ではありません。初めての方におすすめの水彩紙をご紹介します。

  • 水彩紙は画用紙とちがうの?水彩紙の基本

スポンサーリンク

おすすめは「ミューズ ホワイトワトソン ブロック F4 300g ホワイト 15枚入り」

ミューズ 水彩紙 ホワイトワトソンブロック F4 300g ホワイト 15枚入り HW-304 F4

ミューズは日本のメーカーなので海外メーカーと比べて値段が手頃です。なかでも、「ホワイトワトソン ブロック F4 300g ホワイト 15枚入り」がなぜおすすめなのかお伝えします。

おすすめ理由
コットンパルプが主原料で高品質

ホワイトワトソンはコットンパルプ混で高品質です。しかもリーズナブルなので初心者の練習に最適です。風合いがよく発色は穏やかです。
 

紙の肌目(きめ)が中目

ホワイトワトソンは中目のみです。中目なので、絵の仕上がりぐあいを見るのに適しています。絵の様子しだいで「もっと細目がいいな、荒目がいいな」と、次に水彩紙を購入するときの参考にできます。

注意 水彩紙メーカーによって同じ種類でも紙の肌目が違います。(例 Aメーカーの中目はBメーカーの細目に相当するなど)
 

ブロックで手間いらず

ブロックは四辺がのり付けされています。絵をかくときは水の波うちをおさえ、乾いたあとは絵が平らに仕上がります。最初は水張りの手間がいらないブロックがおすすめです。ブロックの水彩紙をはがすときは、空いている隙間にペーパーナイフやプラスティックのカードを差し込んで切りはなします。
 

まずはF4(242×333mm)サイズから

初めて透明水彩に取りくむ方は、果物や花・コップなど身の回りのものを対象に練習することが多いです。実物大でかくとして背景をふくめ、最初はF4ぐらいの大きさが適当です。
 

厚さ300gだから安心

厚さ300g(300g/㎡)なので紙の厚さはじゅうぶんです。安心して遠慮なく、水をたっぷりつかったあらゆる水彩の技法にチャレンジできます。
 

紙の色がホワイト

透明水彩は下の色が透けて見えます。紙の色も絵具をとおして透けて見えるので、初めは絵具そのままの発色が見られるホワイトがいいです。

 
 
ホワイトワトソンはとても人気があり画材店で手に入れやすいです。もとめやすい価格なので、初めての透明水彩の練習にはぴったりですし、もちろん作品制作もできます。愛好者も多いです。


 
 

-画材
-,