画材

パレットってどんな種類があるの?パレットの基本

2016/11/29

透明水彩のパレットは折りたたみパレットが一般的ですが、素材によって3つに分かれます。パレットには他にも種類があり、用途によって使いわけられます。透明水彩のパレットの基本をお伝えします。
 

スポンサーリンク

折りたたみパレット3種類

折りたたみパレットは、とくに透明水彩でよくつかわれます。透明水彩絵具は乾いても水で溶けば何度も使えるため、ほこりをよけて絵具の保管がしやすいためです。

素材は金属のスチールとアルミ、そして合成樹脂のプラスチックにわかれます。

金属のスチールとアルミのパレットにはホーロー加工がされています。ホーローとは、金属の表面にガラス質の釉薬(ゆうやく)を高温で焼きつけたものです。サビや劣化をふせいで絵具の色にそまらず、絵具のなじみがよいといわれます。

スチールパレット

B001NARKNG
スチールパレットはとても丈夫で重いです。高価ですが長く使えます。
 

アルミパレット

B004UE19RK
アルミ(アルミニウム)のパレットはスチールに比べて軽く、価格もリーズナブルです。やや変形しやすいです。
 

プラスチックパレット

B003SBMJVG
プラスチックパレットはもろいですが、きわめて安価で軽いです。ホーロー加工されたスチールやアルミと違い、絵具をはじいて色にそまりやすいです。

 
 

補助パレット

折りたたみパレットとあわせて補助として用いられることが多いパレットです。大量に絵具を溶く必要があるときに便利です。

梅皿

B006LWKVBY
梅皿はふつう7つに仕切られ、陶器やプラスチック製です。
 

溶き皿

B00SBLP6BS
溶き皿は陶器やプラスチックの素材があります。

 
 

その他のパレット

固形絵具専用パレット

B00144XGZ2
固形絵具専用パレットは固形絵具がセットされた状態で販売されます。固形絵具は種類やメーカーによってサイズが違いますので、特定の固形絵具の専用になります。
 

デザインパレット

B008PNN7JK
デザインパレットは、そのつどパレットを洗う必要があるアクリルや不透明水彩(ガッシュ)絵具でおもにつかわれます。
 

調理用バット(トレー)

B002PAPOKE
ホロ―加工された調理用のバット(トレー)はパレットがわりに使えます。

 
以上パレットをご紹介しました。この他にも食器を利用するなど、自分が使いやすいパレットを探してみるのも面白いですね。
 

  • 初めてのパレットはどれがいい?おすすめのパレット

  • パレットを作るってどういうこと?パレットの作り方

 
 

-画材
-,