画材

初めてのマスキングはどれがいい?おすすめのマスキング

2018/03/04

透明水彩のマスキングにはいくつか種類があります。そのなかで、これからマスキングを試したてみたいという初心者の方に、おすすめのタイプをご紹介します。

  • マスキングって何のこと?マスキングの種類と違い

 

スポンサーリンク

初めてのマスキングは ペンタイプ がおすすめ

ホルベイン  水彩用メディウム マスキングインクペンタイプW469 W469 25ml

マスキングは一般的なペンタイプから始めるのがおすすめです。おすすめの理由3つとあわせて、注意点をあげていきます。
 

3つのおすすめ理由
【理由1】サッと使える

ペンタイプは2~3回振ってそのまま描けます。準備がいらず手軽に使えるのでストレスなく作業ができます。
 
注意! 描き始めはインクが吹き出すことがあるので、いらない紙に試し描きをしてから使います。

 

【理由2】ボトルタイプのようにも使える

ペンタイプはインクを皿に出すとボトルタイプのように使えます。インクを筆や割り箸などにつけて描けば表現の幅がひろがります。
 
注意! 筆がマスキングインクで固まった場合は、専用のクリーナーでおとします。

 

【理由3】マスキングに慣れられる

マスキングは、仕上がりをしっかりイメージして計画的にほどこす必要があります。ペンタイプは便利なので、気軽に使えてすぐにマスキングの手順になじめます。シートタイプなどに挑戦するのは慣れてからでいいでしょう。
 
注意! 乾いたマスキングインクは指の腹でこすると剥がれます。広い範囲や細かい部分は剥がれにくいのでラバークリーナーでこすって剥がします。

 
 
以上、マスキングのペンタイプのおすすめ理由をあげました。マスキングは少し手間がかかりますが、とても便利です。細かく塗らずにすんでラクができたり、工夫しだいでおもしろく複雑な表現ができます。いろいろと試してみたくなります。

  • マスキングって何のこと?マスキングの種類と違い


 

-画材
-,