画材

透明水彩の筆ってどんな種類があるの?筆の基本

2016/11/29

B001GXQSGK透明水彩の筆にはいくつか種類があり、初めての方はどれを手に取ればいいのか迷います。自分にあった筆を選ぶために、透明水彩の筆の種類を中心に基本をお伝えします。

  • 筆はどんなふうに選んだらいいの?筆の選び方の基本

スポンサーリンク

筆の種類

筆はおおまかに「丸い形」「平らな形」「丸と平らの間」の3つの形に分けられます。形ごとに特徴があります。それぞれ筆の種類をあげます。
 

丸い形

毛が円にまとめられている筆です。曲線がかきやすく、どちらの向きに動かしても同じ線になるので扱いやすいです。
 

丸筆 / ラウンド

ターレンス レンブラント 水彩画筆 110シリーズ #08
丸筆もしくはラウンドとよばれる一般的な筆です。さまざまな素材の毛が使われます。最初にそろえるのは丸筆の中サイズがいいとされています。
 

羽管筆(うかんふで) / 羽根巻筆(はねまきふで) / スクワラル

ターレンス レンブラント 水彩画筆 135シリーズ #6
口金のかわりに鳥の羽の透明な根元部分をつかっている筆です。ふつうリス毛が用いられ水の含みがいいです。
 

彩色筆(さいしきふで)

ナムラ 日本画筆 彩色筆 中
日本画で広く使われてきた筆です。おもに羊毛(ヤギの毛)や、羊毛とほかの毛をまぜた素材がつかわれます。毛先のまとまりがいいです。
 

面相筆(めんそうふで)

墨運堂 画筆面相筆松 23237 5号
日本画で人物の顔の細かい部分をかくための細筆です。

 

平らな形

動かす向きによって違う形の線がかけます。広い面をぬるのによく使われます。
 

平筆 / フラット

HOLBEIN ホルベイン 水彩筆 パラ リセーブル 350H フラット 平筆 18号
角ばった部分やシャープな直線がかきやすいです。背景などを早くムラなくぬるのによく使われます。
 

丸平筆 / フィルバート

HOLBEIN ホルベイン 水彩筆 ブラック リセーブル 700F フィルバート 平筆 8号
最初から平筆を使いこんだ形につくってある筆です。とくに広い面のぬりに便利です。
 

絵刷毛(えばけ)

ナムラ 刷毛 B印 絵刷毛 15号
広い面の下塗りや、水彩紙の水張りに使われます。

 

丸と平らの間

丸筆と平筆の特徴をあわせもっている筆です。
 

オーバル / キャッツタン(猫の舌)

ターレンス レンブラント 水彩画筆 132シリーズ #4
毛先で細かいところが描け、根本で広い面がぬれます。扱いに慣れが必要です。入門書「イチバン親切な水彩画の教科書」で紹介されています。

 

筆の持ち手の長さ

筆の手で持つところを軸といいます。短いものが短軸、長いものが長軸です。どちらでも気にせずに使えますが、特徴を知っておくと筆選びのたすけになります。

長軸の筆は、キャンバスを立てたときに軸のうしろを持ってかくとバランスがとりやすいといわれます。
短軸の筆は、筆を鉛筆のように持ってかくとき使いすいです。携帯にも便利です。

 

筆の大きさ

筆の大きさは「」であらわします。0から始まり、号数が大きくなるほど筆が大きくなります。ただし、同じ号数でもメーカーによって大きさ違いますのでつどサイズの確認が必要です。
 

  • 筆はどんなふうに選んだらいいの?筆の選び方の基本

  • 筆は水洗いするだけで大丈夫?筆のお手入れ方法

  • あこがれの筆を見てみよう!コリンスキーセーブル丸筆カタログ

 
 

-画材
-, ,