画材

じかに下書きすると消すのが大変!下書きは複写がおすすめ

2017/02/14

鉛筆でじかに下書きすると、書き直しをするたびに水彩紙を傷(いた)めてしまいます。また、鉛筆の線が作品にのこるのも困りものです。そんなときにおすすめなのが複写紙チャコペーパーです。チャコペーパーについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

チャコペーパーとは

チャコペーパーシート (44×30cm) グレー

下絵を別の紙に写すことができる複写紙です。もともと「チャコ」とは洋裁に用いる言葉です。

《chalkから》洋裁で、裁断の目印をつけるのに用いるチョーク。白・赤・黄・青色などがある。~goo辞書より~

チャコペーパーにはそれぞれデザイン用・ソーイング用などと明記してあります。
ふつう、複写された線は水をつけると消えます。

 

チャコペーパーのココが便利

透明水彩の初心者にとってチャコペーパーは強い味方です。チャコペーパーの便利なところをあげます。

1)思うぞんぶん下書きができる

水彩紙にじかに下書きせずにすむので、いくらでも書き直しができます。たまたま上手く書けた下絵も使えますし、コピー機で拡大縮小して構図をばっちりきめてから下絵にしてもいいです。

2)水彩紙が傷まない

初心者は下絵の線がきまらず何度も消しては書き直しをするのがあたりまえです。じかに下書きせずに一度の複写にすれば、水彩紙の表面は傷まず、絵具ののりが悪くなることもありません。

3)作品の仕上がりがきれい

チャコペーパーの線は水をつけると消えるので透明水彩にうってつけです。絵具をただ塗りすすめるだけで、作品が仕上がるころには下絵の線が消えています。

 

チャコペーパーの使い方

使い方は、下から ①水彩紙 ②チャコペーパー ③下絵、の順に重ねてから、下絵をボールペンでなぞって水彩紙に複写します。

線を強くなぞれば濃い線が複写され、弱くなぞれば薄い線になります。

注意! 線が濃すぎると水でなぞっても消えません。練消しゴムで線を薄くすることができますので、絵具を塗るまえに薄くしておきます。

下絵を何度も使いまわす場合、多色のボールペンを使ってなぞるのがおすすめです。複写するたびにボールペンの色を変えれば、下絵の線を今回はどこまでなぞったのか一目瞭然です。

チャコペーパーは初心者にとても優しいです。たとえ絵具を塗るのに失敗しても、また別の紙に下書きを複写すればカンタンに再挑戦できます。頼りになる存在です。


 

-画材
-, ,